溶接機オーバーホール、こんなところもキレイにします!

いつも溶接機修理.comブログをご覧頂きありがとうございます。

 

溶接機をお使いの皆様こんにちは!

 

先日の台風14号は、九州をはじめ

被害があったところもたくさんありました。

お住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか?

 

台風の雨風対策で

窓ガラスにガムテープを貼っているお宅も見受けました。

 

災害や緊急時などをまとめたリュックなどもありますが、

結構賞味期限切れになっている非常食材があったりなので、

定期的な確認と食材の更新などがやっぱり必要だと感じています。

 

定期的なチェックや更新といえば

「オーバーホール」がありますね!

 

 

今回は1997年製 YC-200BK1

オーバーホールのご依頼です。

 

100Vでも使える便利なTIG溶接機です。

社会人になって2年目頃に、

この機種を持って長崎県の小学校に

サッシの修理に行ったことがあり、

個人的に思い入れのある機種です。

 

点検→部品交換→清掃→動作確認  修理完了!

 

という流れなのですが、この個体はどうしても気にところがあります。

 

それは・・・

 

ケースの凹みや歪み!

↑BEFORE

 

これを板金して修正します!

 

凹みや歪みが綺麗になりましたね!

 

洗浄前↓

洗浄後↓


さらに最後は洗浄して汚れを落としてあげると

白色がはっきりしました!!

 

冷却ファンと母材ケーブルを新品に交換しました。

これでまたガンガン使って頂けます!

 

溶接機修理ドットコムのオーバーホールは

中も外もバッチリ仕上げます!

 

ご要望があれば、ちょっとした塗装も可能です!

ご依頼お待ちしております(@^^)/~~~

 

 

スタッフ 末次

 

〒812-0007

福岡県福岡市博多区東比恵2丁目11-15

 

info@yousetsuki-shuri.com