交流機の修理と予防整備の重要性

壊れて使えなくなった溶接機

そのまま放ったらかしにしていませんか?

 

その溶接機まだ修理して使えるかもしれません!

今回はそんな交流機の修理の様子をお見せします。

 

ACソレノイド、固定接点の新品・不良品


上の写真の交流機を調査すると

ACソルレイドという部品の

断線が異常をおこしていました。


さらに固定接点の消耗が激しかったので

交換しました。

 

 

この予防整備の大切さは、

車の車検や整備でも同じことですよね。

 

近い将来故障するリスクが高い

部品などの消耗や劣化の具合を

チェックして修理する予防整備は、

後々お客様に余計な出費を出させない為

していることなんです。

 

もちろん、事前に見積りを出して

修理の正式なご依頼をいただいてから

作業を行っていますのでご安心ください。

 

 

溶接機の修理は、車と違って

実際使われるお客様と顔を合わせる事が

あまりありません。

ですから、溶接機を確実に修理することが

お客様との心の距離が近づく1番の方法だと思っています。


この思いを忘れることなく、

毎日一生懸命修理をしています!

〒812-0007

福岡県福岡市博多区東比恵2丁目11-15

 

info@yousetsuki-shuri.com